他人を不快にさせない食事のマナー

30代の食事のマナー

何でも美味しそうに食べる男性は、いかにも健康で元気な男性のようで、
見ていて気持ちが良いものですよね。

 

ただ、美味しく食べることと、豪快に食べることとは、ちょっと違うようです。

 

いくら美味しそうに食べていても、あまりにも豪快な食べ方で、
しかも、その辺に撒き散らしながら食べるようでは、マナー的に大問題です。

 

それも10代や20代前半の男性であれば、元気な証拠…と思ってもらえるかもしれませんが、
20代後半や30代になると話が違ってきます。

 

30代で周りを汚しながら食べるという人は、あまり多くはないかもしれませんが、
そこまで極端ではなくても、音を立てながら食べるとか、頬張ったまま会話をするような男性は、
女性の目から見ても、あまり気分が良くないもののようです。

 

もちろん、同性の目から見ても気になる人が多いのではないでしょうか?

 

自分より年下の男性ならともかく、年上の男性、しかも上司で、
普段はかなり厳しい人なののに、食べるときになると、だらしないというのでは、
何となく、信用度も下がってしまいます。

 

麺類は音を立てるのがマナー?

 

日本では、蕎麦などの麺類は、音を立てて食べても良いことになっています。
むしろ、音を立てるのが日本でのマナーとさえ言う人もいます。

 

でも、海外から日本に来て、まだ浅い人にとっては、
日本人と麺類を食べるのが、かなりツライという人も少なくないようです。

 

特に、普段から麺類を音を立てて食べる習慣のある人は、その他のスープなどでも、
習慣で音を立ててすすって食べてしまうことがあるようですが、
それを外国人と一緒のときにすると、とても不快な思いをさせてしまうような場合もあるようです。

 

日本での習慣と言ってしまえばそれまでなのですが、だからと言って、
よほど親しい人との間柄でなければ、音を競うようにして食べるのは避けた方が良いでしょう。

 

最近では、日本人であっても、若い女性や、また男性の場合であっても、
食事のときの食べる音が気になって食事が進まないという人も増えてきているようです。

 

30代位の男性であれば、麺類で音を立てて食べることが正しいことであったとしても、
周りに嫌な反応を示す人や、自分より若い年代の人と食事をするときは、
多少気を遣ってあげた方が、気配りのある人間と思われるに違いありません。

 

そういうちょっとした気遣いが、あなたの人間性の広さを示す機会になるのです。

 

楽しく食べることも必要ですから、あまりこだわり過ぎる必要もありませんが、
食事のマナーを守り、他人に気を配ることも、オシャレの一部と言えそうです。


このページの先頭へ戻る